北陸初!?輻射式冷暖房システム体感型展示場オープンします!

以前にも紹介しました次世代型の輻射式冷暖房システム『THEAR(シアー)』。

当社は、株式会社マクニカが提供する『TEAR』の北陸地区代理店です。

輻射式冷暖房システムの詳細はコチラからご確認ください。

株式会社マクニカ 次世代輻射式冷暖房システム THEAR(シアー)

富山県中小企業リバイバル補助金に採択されました。

この度、富山県中小企業リバイバル補助金の申請が採択されましたので、着工します。

テーマは、

『自社空きテナントを活用したクリーンエネルギー商品の予約体験展示場設置による新市場の開拓』

です。

コロナ禍による影響は、建設業への影響も少なからず出ています。

飲食業を筆頭にした出店の取り止めや無期限延期などによる失注や、市場の設備投資の動きが鈍化している事により、仕事が出ても同業他社との競争の激化により売上・利益ともに減少傾向にある企業が増えています。

コロナ禍がある程度の収束をむかえたとしても、この状態がしばらく続くと思われます。

同業他社と同じ内容の仕事だけをしていては生き残っていけません。

他社が取り組んでおらず継続的な成長が見込まれる本事業が、弊社の成長にとって必要な事業と考え申請する運びとなり、無事採択をいただいたという経緯です。

富山、石川、福井の北陸エリアの正規代理店として、
北陸初!?体感型展示場オープンします!

当社は、株式会社マクニカが提供する『TEAR』の北陸地区代理店です。

富山県、石川県、福井県まで幅広く対応が可能です。

それ以外のエリアにおいても、直接お問い合わせをいただければ対応は可能です。

輻射式冷暖房システムを導入するコストについて、イニシャルコストは少し高いかもしれませんが、ランニングコストがかなりさがります。

これまで通常の冷暖房の導入が難しく、熱効率が悪い体育館やスポーツ施設、工場や倉庫等の床面積の広い建物や、直接的な風が当たることを避けたい高齢者向け施設、介護施設、住居、病院、クリニック、公民館などからのご相談を多くいただいております。

学校や体育館などの施設において、行政との導入計画が進行中の地域もあります。

興味をもって体感してもらったところ、導入の価値がありと判断され話が進んでいるようです。

そこで弊社としましても、ショールームを造り、ぜひ多くの方に実際に体感してもらえる、体感型展示場をオープンすることとなりました。

ハウスメーカーや建設会社、設計事務所、リフォーム、リノベーションを行う地場の会社さんには是非とも体感していただきたいと考えております。

これから着工していきますが、ショールームには、THEAR(シアー)の売れ筋トップ3の商品を展示します。

THEARの特長として、そのデザイン性も注目されています。デザイン性の高さから、インテリアにも関連します。内装屋さんの仕事にも繋がると思われます。

ショールームでは、完全予約制の体験展示場として、コロナに配慮した2名程度の人数に絞り、密を避けて体感していただきます。実施時間は1時間程度で、運転していない状態で室温を計り、運転開始をして温度変化を体感中に弊社スタッフにて製品説明を行い、室温の変化データを取ります。

興味がありましたら、弊社にて設置場所の体積や建物の構造による熱容量から冷暖房に必要となる室内パネル面積を算出し、設置場所やパネル構成を提案します。

輻射式冷暖房システム『THEAR』の効果と特長

【効果・特長】

◎無音無風での冷暖房システム

・空調式冷暖房と異なり無風の為、理論的に強制的な空気対流によるウィルスや細菌、ハウスダストの拡散を抑制できます。

◎大幅な省エネが可能

・空調式冷暖房との機器比較で30%~50%の消費電力の低減が可能とのデータがあります。

・空調式冷暖房機より少しだけ割高ではあるが、長寿命でランニングコストが安いことから、運転時間にもよりますが数年で逆転償却できます。

・類似商品はあるものの、デザイン性・本体性能・施工性・価格設定などが優れています。

◎成長性・継続性が高い

・日本国としての脱炭素化に伴い、本製品においては大幅な消費電力削減によるCo2排出量の低減が見込める為、市場ニーズから成長性、継続性共に高いと考えます。

◎地域経済への波及効果が高い

・コロナやインフルエンザなどのウィルスや細菌などの空気拡散を抑制できる為、公共施設や企業(医院や介護施設なども)への導入による施設内感染拡大の抑制が期待できます。

西森電気が取組むSDGs

日本の消費電力の約8割が冷暖房と照明となっています。

今後、この2つの大幅な省エネが非常に重要になってくると考えます。従来からのLED照明の導入により、照明機器の省エネは進んでいるところです。(LED化工事において弊社は県内でトップクラスの施工実績があります。)

輻射式冷暖房システムは、近年省エネの観点と環境改善の観点で全国的に注目を浴びてきており、北陸地方に於いてもこれからの展開が期待できる商品です。弊社にて設置場所の体積や建物の構造による熱容量から冷暖房に必要となる室内パネル面積を算出し、設置場所やパネル構成を提案し設置施工します。

一般普及している空調式の冷暖房(エアコン)と比較して大幅な消費電力の削減とCo2排出量の削減が実施できる事。無風での冷暖房によりウィルスや細菌、ハウスダストの拡散を抑制する効果が期待できる事。これらの観点から弊社の事業拡大のみならず、地球環境への貢献と地域社会での環境改善を見込む事が出来ると考えております。

また、サステナブルな社会構築の面で本製品の大幅な省エネの実施により、富山県としての都市価値を高める事ができます。SDGsに貢献できる都市としての企業や住民の誘致、国内外の他都市からの視察や地域循環共生圏としての他都市との連携等々を模索することができます。

今回の事業が、その一助となれば幸いです。

興味がある方、詳しい話を聞きたいという方、まずはお気軽にお問合せください。

【社長のひとりごと】-太陽光発電のいま-

太陽光発電について

 

1993年、今から28年も前に、住宅用太陽光発電が日本で初めて発売されました。

当時、西森電気でも北陸エリアの先駆けとして多くの太陽光発電工事を施工しました。

太陽光発電は、『太陽電池』と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。

太陽光は巨大なエネルギーであり、しかも枯渇する心配がありません。太陽の光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。

また太陽光発電は、発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)を排出しません。

地球にもやさしい太陽光発電において、日本は世界でもトップクラスの技術を保有する国なのです。

太陽光発電のいま

 

30年近くが経つ今、その太陽光発電において世の中では様々な困り事が発生しているのです。

帝国データバンクによると、

『太陽光関連業者の倒産が2年ぶりに増加に転じた。2020年(1~12月)の太陽光関連業者の倒産件数は84 件と、2019年の74件から13.5%の増加となっている。』とのことです。

以下リンク

※太陽光関連業者の2020年倒産動向調査より引用。

当時は、太陽光バブルと言われるほど多くの施工業者が乱立していました。

完全に売り切りで、アフターフォローなしというひどい施工業者が数多くいたものです。

ビル、工場の屋根貸しなど、自社設備として投入するのではなく屋根を貸してのせたい業者がお金を出してのせるというケースもありました。屋根の空いているスペースを有効活用しようと、一見効率的です。

問題の一つは10年問題です。耐用年数が10年、パワーコンディショナーの取り換え等、替えなければいけない部品があるのですが、そもそも施工した会社がなくなっているのです。

または、メーカーの施工者IDが必要なケースです。講習した人しかそこのメーカーの施工ができないという問題が発生しています。免許を持っている会社自体がそんなにあるわけではないのでそもそも問題です。

太陽光パネルは劣化します。風やモノが当たって割れることもあります。

それに対して処分する技術が間に合っていないことも現状です。リサイクル、リユースも進んでいますが、発電効率が落ちるなどの問題が解決されていないままです。

原子力の問題と一緒です。最終処分まで決まってもいないのに見切り発車して、その間に考えましょう。というのは、結構ある問題ですよね。

太陽光発電のこれから

 

最近では銀行さんなどの紹介で、売電から自家消費を目的とした太陽光発電が増加してきています。

西森電気では有難いことに、太陽光発電に関する仕事を大手さんが一緒にやりましょうと言ってくれています。

自家消費用蓄電池設置工事や、住宅、ビル、工場などにも自家消費用蓄電池の設置が益々普及します。

電気自動車もどんどん増えていますが、チャージが大変です。

電気は安いメリットがあります。一方、チャージに時間がかかります。その間その場に居なきゃいけません。遅い上に、料金が安すぎて商売として成立しません。設備を導入するメリットがないのです。

カーボンニュートラルには、課題が山積しています。

今回のひとりごと、『結局はちゃんとした業者さんに言おうね。』ということがテーマです。

時流をつかんで、その時だけの仕事ではなくて、安心して任せられる業者さんが大切ですよね。

結局は、地元の昔からやっとる電気屋さんがいいのかな。モノを考えて行動する会社であることが大事です。

宣伝ですね(笑)

原始的だから地球にやさしい。次世代型の『幅射式冷暖房システム』

今回は、次世代型の冷暖房システムをご紹介いたします。

当社は、株式会社マクニカが提供する幅射式冷暖房機(ふくしゃしきれいだんぼうき)の北陸地区代理店です。

株式会社マクニカ 次世代輻射式冷暖房システム THEAR(シアー)

輻射空調ってなに?

輻射式冷暖房システムは、輻射(放射)エネルギーの移動原理を使って作られています。

輻射とは、赤外線や可視光線を含む電磁波によって起こる、2つの物体間のエネルギー移動のことです。

そのため、 2つの物体間に熱を伝える媒体が存在しない真空中であっても熱移動が生じます。

この輻射熱はモノや人に直接作用することができるため、エネルギー効率が高く、同規模全館空調方式と比較し、ランニングコストを大幅に低減します。

『輻射冷暖房(ふくしゃれいだんぼう)』とは、熱輻射を利用して、空間の冷房・暖房をすることです。

『熱輻射(熱放射)』とは、物体から熱エネルギーが電磁波として放出される現象のことで、『対流』や『熱伝導』と並ぶ熱の伝わり方の一つです。

暖房だけの機能であれば、古くからある暖炉や囲炉裏といった熱源を設置するタイプの暖房がありましたが、冷房効果も得られることが輻射冷暖房の特徴です。

この輻射の原理を利用した冷暖房器具を輻射冷暖房器具といい、快適性や省エネ性で優れるなどの多くのメリットから、最近普及され始めています。

従来型エアコンと輻射式冷暖房の違いとは?

従来のエアコンが人工的な風を送りだすことにより冷暖房するのに対し、

輻射式冷暖房は熱源機器を基に風を媒介せず、人体や物を直接冷暖房するシステムです。

現在空調設備のない建物への導入がしやすいのが特徴で、注目されています。

■パネルを設置するだけ

■大がかりな空調設備の工事が不要

■最近では学校や体育館や公民館などへの導入が進んでいる

体育館や学校など、広いスペース、高さがある為に、なかなか冷暖房が効かない施設に対しては、非常に有効な冷暖房機です。

オールアルミニウム設計のパネルを使った高効率の輻射式冷暖房システムで、「無風」「無音」「温度ムラ」のない快適な空間を作り出せます。デザイン性にも優れ、さまざまな空間にご利用いただけます。

次世代型の『輻射式冷暖房システム』導入のメリット

輻射式冷暖房システムにはさらに多くのメリットがあります。

①完全無風・無音空間

冷温水機を使った完全無風・無音の空間を作り出します。

無風で埃を巻き上げないため、新鮮な空気を保つことができます。

②さまざまな空間対応が可能

ホテル、事務所、学校、公民館からアリーナまでの大空間に対応します。

輻射式の熱伝導のため、室内の上下垂直方向の温度ムラを抑制し、無風で快適な空間にすることができます。

【暖房時】

物体に直接伝播するため、空間を温度ムラなく暖めることができます。

暖かな熱が足元にも直接届くため、全身がポカポカします。

【冷房時】

パネルを冷やすことで輻射エネルギーを吸収し、部屋全体を冷やすことができます。

気温よりも2~3℃低く感じ、トンネルや鍾乳洞に入ったような感覚になります。

③省エネ性

一般空調に比べ、冷温水ヒートポンプユニットを使うため、稼働によるエネルギー消費のピーク(デマンド)を抑える特長があります。電気エネルギーの需給においても、送電網の負荷低減に貢献します。

また室内機は無動力のため、搬送エネルギーも大幅に削減、デマンドを抑えることができます。

大空間の冷暖房は、大きなエネルギーを有する動力のエアコン等を採用しているケースが多い為、使用しない

期間でも動力契約の基本料金が大きなネックになっていると思います。

入替の時期に検討してみては如何でしょうか。

④メンテナンス性

室内機の寿命が30年と長く、設備更新費の大幅な削減が可能です。

冷温水タイプの場合、従来の空調と比較すると室内に無動力のため、ファンやダクト内清掃、ボイラーメンテナンスなどが不要で、メンテナンス費用を抑えることができる構造となっています。

主なメンテナスは各輻射パネルの下に設置されるドレンパンの排水口部分の埃・ゴミを拭き取る程度の清掃で、手間を大幅に軽減できます。

⑤安全性

低温輻射(8℃~50℃程度)のため、触れた程度ではやけどすることもなく、お子様からお年寄りまで安心してお使いいただけます。

⑥災害時の備え

災害時に限られたエネルギーは大変重要です。 輻射式冷暖房システムは、小さな電力で大きな成果を生む優れた機器です。

地球にやさしいから世界中に導入されています。

輻射式冷暖房の導入は、世界14カ国、世界導入500拠点以上の実績があり、今日も安全に世界の室内環境をコントロールしています。

THEAR(シアー)は、軽量・高効率・多様なカラーバリエーションで、さまざまな用途に対応します。

【日本での導入事例】

住宅・宿舎・ホテル・学校・体育館・公民館・音楽ホール・スタジオ・研究室・恒温室・工場・美術館・ワインセラー・ オフィス・住居病院・ICU・老健施設など

今回は、原始的だから地球にやさしい。次世代型の『幅射式冷暖房システム』についてご紹介いたしました。

富山県内でも導入できる施工会社は限られております。

様々な機器が存在し、各々素晴らしい特性があると思います。

その特性を生かしたエネルギーミックスのような組み合わせで、この商品が活躍できる場所で利用していただければと思っています。

今、学校を中心に空調工事が全国的に行われています。

限られた予算の中で、多くの空調機を導入します。そうすると、受電設備を大きくしなければならなかったりします。(イニシャルコスト・ランニングコスト共に上がります。)

『輻射式冷暖房システム』を採用することで、現在の設備で事足りるケースも出てきます。教室以外の共有スペースなど、第二・第三の選択肢として考えてもいいのではと思います。

興味がある方、詳しい話を聞きたいという方、まずはお気軽にお問合せください。

【社長のひとりごと】-向き不向き-

向き不向きって何なんでしょう?

今回は、【人】についてのひとりごとをつぶやいてみたいと思います。

よく、『向いている。向いていない。』っていう会話のやり取りを耳にすることがあります。

 

『自分には向いていないんだよなぁ。』

一般的には、『向いていない。』というマイナスなイメージの時に使うことが多いような気がします。

 

『向き』とか『不向き』って何を持って判断するんだろう?誰が判断するんでしょう?

そもそも、向き不向きって何なんでしょう?

 

似たような言葉で、『得手不得手』ってありますね。『得意不得意』も似た言葉です。

これは分かりやすいです。自分にとって得意か、得意じゃないかです。

この言葉は自分が感じるまま、思うがままに、得意か不得意かを判断できそうです。

 

『苦手』っていう言葉もそうかもしれません。

ただ、『苦手』『不得意』とはちょっとニュアンスが違います。『弱点』に近いかもしれません。

『弱点』は経験を積むことで克服できますね。

『石の上にも3年』

ちょっと話がそれましたが(笑)、

確かに『向いている』か、『向いていない』かってあります。原因は何でしょうか?

 

『こころの捉え方ひとつ』な気もします。

色々なケースで、『ん?』とか、『あれっ?』とか思ったら、だんだん嫌いになっていく事があります。

 

好きなことは、続けるのが容易です。だから『向いている』って感じます。

楽しいから、続けてみることによって何かを得られる、身に付けられるものだと思います。

 

『石の上にも3年』という言葉もあります。

何事も、継続することでモノになる。自然とできるようになる。という事ですね。

なにごとも粛々とやっていると、気付いたら上手くいっているものです。

 

あれこれ考えすぎて、苦手な事や嫌な事を人に相談すると、大体みんなそうだねってなります。

これって、自分が楽になりたかったり、認められたかったりするから他人に同意を求めたり、そうだねって

言葉に甘えて、結果同じことの繰り返しになっていたり、負のサイクルを繰り返していたりします。

 

人間、楽な方に『そだねーそだねー』と流されてしまいます。もぐるもぐるタイムです。(笑)

『流されすぎなんですよ!』ってことです。

向き不向きより前向き

さて、『向き不向き』についてググってみました。以下、

『その人に適しているか、適していないかということ。あるいは、適していることと適していないこと、得意な仕事と不得手な仕事、などを指す表現。「向き不向き」があるという言い方で用いられることが多い。』

 

確かに、『向いているか向いていないか』はあると思います。

しかしこれは、周りの人間や評価する側が判断するもののような気もします。

 

向いてないことっていっぱいあると思います。

『向いてる向いてない』とかそんなこと言っていないで『前向き』に取り組んでみれば得るものがあります。

 

仕事も同じです。経験を積むことで、できないことができるようになっていきます。

あれこれ考えずに、まずは続けてみることが大切です。

 

『向いていない』のではなくて、『経験が足りない。』ということではないでしょうか。

 

苦手なモノを克服した時にこそ、自分にとって成長できて、得られる糧があります。

人生なんて、上下の連続です。

まずは、3年間一生懸命やってみることです。できない自分をさらして、若いころの恥や失敗は買ってでもしろと言います。

 

最後になりますが、

大きな視点でモノを見ることが大切です。将来まで見据えることが重要です。

とかく、今現在をとらえがちです。

 

今現在の自分の行動がそのまま将来につながることになります。

『逃げちゃだめ』という事ですね。『逃げ恥』ではありません。(笑)

 

『ワンストップ現場代理人』-升井 貴義(ますい たかよし)-

※写真はイメージです(笑)。

升井君は、弊社の転換期(社員増強・同業他社から見た自社の立ち位置の変化・様々な仕事へのチャレンジなど)に現場代理人になってもらいました。

元々は、現場一本で頑張ってきてくれており、免許取得については積極的ではなかったのですが、今の立場になって、何が大切なのか、何をやらなければならないのか、自分で考えて次のステップに向けて取り組んでくれております。

弊社は営業専門の社員がおらず、現場代理人がワンストップで営業・積算・製図・管理までをこなします。現場代理人になった初年度から私の担当するお客様と新規のお客様の仕事を担当してもらっており、慣れない仕事に四苦八苦しながら取り組んでいました。

今も勉強中ではありますが、粛々とやるべきことをこなし、着実に成果を出してくれています。何かを掴んだようです。(笑)さて、一皮むけたところで、次の試練でも・・・(笑)(笑)

頑張って!升井君!

西森より
代表取締役社長

社長のひとりごとシリーズは少しお休みして、今日は入社13年目の中堅社員を紹介します。

【ワンストップ現場代理人】として活躍する、升井貴義(ますいたかよし)君です。

◎年齢 『37歳』

◎住まい 『高岡市』

◎勤続年数 『入社13年』

◎学生時代の活動

 サッカー部⇒バスケット愛好会とスポーツマンでありながら、パソコン作ったり飲食店でアルバイトをしたりして過ごしました。

◎好きな言葉

 『聞くのは一時の恥 聞かぬは一生の恥』

 中学校位の時に親に言われた言葉が今でも心に残っています。それからこの言葉を大事にしてきました。

◎入社後取り組んでいる仕事

 入社から10年程、現場で電気工事を中心に仕事に取り組み、中堅社員へと成長してきました。

 3年くらい前から、現場管理も任せられるようになり、今では複数件の電気工事の管理を担当するようになっています。

◎これまでに取得した資格は 『第二種電気工事士』

◎現在の目標

 『第一種電気工事士』を取得し、『電気工事施工管理技士』の取得を目指すよう勉強中。

◎現在の仕事内容

 ハウスメーカーの住宅工事、飲食店やショッピングセンターなどの店舗工事、公共工事を担当しています。

 事前打ち合わせから施工内容を決め、施工方法を決めます。必要な材料等の段取りをして、作業員に説明します。作業員や、協力業者さんと協力して施工します。

 住宅だと1~2名。大きな工事だと10人くらいをまとめ上げて施工を管理します。長い工事だと3ヶ月くらいかかります。複数物件の工事を並行して担当することもあるので、工事が集中する時期は大変です。

◎仕事をしていて嬉しかったこと

 苦労した末に、どうこう言いながらもひとまず終わればホッとします。忘れてはいけないのは、一緒に仕事に携わった職人さんや、協力業者さんたちに感謝すること。

◎この仕事の大変なところ

 一番大変なことは同時期に複数案件が重なるとき。現場によって休日に出たり、夜間工事があったり、お客様の都合に合ったスケジュールになったりします。

◎日々の仕事で大切なこと

 『自分自身の体調管理』

 自分が体調不良で休むわけにはいかない。現場もストップし、若い子たちも動けなくなる。

◎目指したい人物像

 周りから頼られる人。色んな人から認めていただけるような、見本になるような先輩社員になる。

◎西森電気の良いところ

 社長からのご飯などのご褒美があることも。もっとください(笑)。

◎会社の社風

 社長はいつもニコニコしています。あまり怒ったりはしない。社員はみなのびのびと自由な感じの職場です。

 『当たり前のことは当たり前にする』社会人として常識的な事だけはしっかりやるように普段から言われています。

 今は、コロナの影響があり、あまり開催できませんが、去年の夏前にソーシャルディスタンスを保ちつつ、衛生管理もしっかりやりながら、ささやかではありますが新人歓迎会を行いました。普段は、バーベキューを開催するなど、社員同士がコミュニケーションを取る機会も大事にしています。』

◎後輩社員について

 入社して1年ちょっと経った社員を指導しています。工事件数もこなしてきて、だいぶ一人で任せられるように育ってきました。やってやれないことはないので、わからないことは遠慮なく聞いて成長して欲しい。

 ここ数年で新入社員が一度に増えたので、活気ある会社にしていきたい。

 『西森電気の若い社員さんはしっかりしているね』と言われるような教育をしていきたい。

今回は、入社13年目の中堅社員を紹介しました。

これからも、西森電気で働く自慢の社員を紹介していきます。

【社長のひとりごと】-見極める-

『貴社をお探しの企業様がいらっしゃいます。』

『株買わせてください。』

最近、M&Aの会社から注目されているのか、営業戦略的にある程度の基準を定めて、対象企業に送っているのかわかりませんが、弊社を買いたいという案件がよくきています。(知り合いの企業にも届いているとも聞きます。)

もちろんスルーしていますが。(笑)

『これって、どうなんでしょうか?』

日本の社長平均年齢、初の60歳超え

先月の日本経済新聞に次のような記事が掲載されていました。※2021年2月8日日本経済新聞より引用

日本の社長の平均年齢の上昇が続いている。帝国データバンクが全国94万社を対象に社長の年齢を調べたところ、平均年齢は60.1歳(2021年1月時点)となり、前年比で0.2歳上昇した。調査を開始した1990年以降、初めて60歳を上回った。後継者不在に悩む企業は65%に達しており、多くの企業で事業承継が困難となっている状況がうかがえた。

ここ20年で社長の平均年齢が10歳上がり、60歳を超えたそうです。

先に挙げましたが、『年配経営者の方がなかなか譲らない』という問題がこれにあたります。

『見極める』事が大切

世の中には、70代の社長さんがまだまだ現役で頑張っています。日本の政治家もそうですね。では、あと何年この状況が続くのでしょうか。

企業の寿命といいますか、後継者問題は顕著です。今の社長がいなくなったら会社が終わっていくのでしょうか?

『M&A』が頻繁に行われている背景にも、様々な課題があります。

・働く社員たちの再就職

・退職金の問題

・会社の清算

・定年年齢の延長など

早いうちにいい条件で放出することも、関わる人たちにとっては大事なのかもしれません。

ずるずると遅らせていく事で、企業が価値の低下や、世の中の状況の変化等でより悪化することもあります。

 

『見極める』事が大切です。

 

きつい言い方になるかもしれませんが、

将来ビジョンのない会社にいると、社員さんがかわいそうですよね。。。

【社長のひとりごと】-餅は餅屋-

今年から【社長のひとりごと】をつぶやいてみることにしました。今回で2回目です(笑)。

大小問わず中小企業、企業ごとにやらなければいけない事はたくさんあります。

昨年の新型コロナウィルス関連の申請などにおいてマイイナンバーの必要性が取り上げられ、キャッシュレス決済、電子申請、Eタックスなど、世の中のデジタル化が一気に加速しようと、そういう傾向になってきています。

われわれ企業も、速やかに対応していかなければいけない状況になっています。

経済産業省が導入した電子申請システム『Jグランツ』

その一つとして今回紹介するのが、経済産業省が導入した『Jグランツ』という電子申請システムです。

『電子申請』はインターネットを利用することで、いつでも・どこでも申請や届出の手続きが行えます。非常に便利なシステムです。これまでは、手書きで作成した資料を郵送や窓口で提出していました。入力の手間が削減され、移動や郵送のコストがかからない上に、電子認証のため書類への印鑑が不要になります。

※『Jグランツ』について詳しくはコチラ

 

新型コロナウィルスの影響で、大きく世の中が変わった事にデジタル化があげられます。オンライン化が進んだ事により、コロナ以前のアナログ時代に戻ることはほぼありません。

コロナ関連の各種補助金、助成金も数多くあります。コロナ対策や、前向きに立ち向かうこれからの新しい事業を支援してくれる補助金等の申請にこの『Jグランツ』が必要になります。

『Jグランツ』を活用するには、『GビズID』の取得が必須であり、この申請から取得までは2~3週間を要します。

いざ申請したいとなった時に、2~3週間かかるのは何かと不都合です。早めの申請をお勧めします。

-餅は餅屋-

こういったサービスを受けるにあたって、必ず早めにやっていかなければいけませんよね。もちろん当社も登録済みです。

『全日本電気工事業工業組合連合(全日電工連)』『一般社団法人 日本電設工業協会』などに加盟していることで、国や行政からの情報が常に入ってきます。企業にとって『情報』は非常に大事な資源です。常にアンテナを張っておくことが大事です。

さて、今回の『Jグランツ』については、いつもお願いをしている会計士さんからのご提案でした。なんだか、『Jグランツ』の宣伝みたいになってしまいましたが(笑)。

皆さんには、アドバイザー的に『情報』『方法』を教えてくれる専門家さんが周りにいますか?

西森電気は『電気や水の専門家』です。

ただ直して終わりではなく、専門家としてのアドバイスや提案を行い、必要なものをお客さんに提案していける関係性も大事にしています。

『餅は餅屋』です。

社内で解決できることはいいですが、専門的なことは専門家にお願いする方が長けています。いつでも気軽に相談できる関係性を常に築いておくことが大切ですね。

今年の目標と抱負

今年の目標と抱負

新年のあいさつと社長のひとりごとにも書きましたが、2021年も引き続き「当たり前のことを当たり前にできるように」「いい塩梅がいい会社」を掲げ、理想の企業像へのアプローチを全員参加で考え行動していきます。

有言実行を目指して、社員ひとりひとりに本年度の抱負と目標を掲げて自身で書いてもらいました。言葉を発するだけでは継続性はありません。自身で書いたことを事あるごとに見つめなおし、今の自分が本当にできているか再認識することが必要と考えます。

自社ホームページという公の場に公開することで、更に意識を高めるため、いくつかの例を紹介してみます。一応名前は伏せておきます(笑)

【抱負】

  • 自分の人柄・仕事が安心・信頼されるよう努力します。
  • 体調管理をしっかりして、また少しでも苦手が成長できるように努力していこうと思います。
  • 引き続き現場を見て工事のバランスを考えて仕事をしていきたい。
  • 仕事を早く覚えて先輩方に迷惑をかけないようにする。
  • 健康にすごす。

【目標】

  • 今年は自分を信頼してくれるお客様を一人作る事。
  • 資格の取得や安全面に気を配り、無事故無災害を達成するよう努力します。
  • 第一種電気工事士の資格を取る。
  • 配線を速く正確に出来るようにする。
  • 物件ごとに利益を意識して仕事をする。

『当たり前のこと』が多いかもしれません。でも、それでいいんです。『当たり前のことが当たり前にできる会社』であることを目指しましょう。

皆が無理をして会社を大きくするのではなく、地元、地域社会に貢献すること。

電気工事、配管工事業界にも調和を生み、自分だけが良いという考えを持たないこと。

皆が良くなるように考え、『いい塩梅』で無理のない成長をしていこう!!社員のみなさんには、ぜひ『抱負と目標』を達成してもらいたいと思います。

【社長のひとりごと】-地に足をつけて-

年の初めに十二支をなぞって、『今年はこんな年になります』と言われる事がよくありますよね。

丑年とはどんな年になるのかと調べたところ、下記のような紹介文がありましたので、転載させていただきます。

 

十二支物語

 

丑(うし)年の順番がなぜ2番目なのか?』

については、十二支についてよく知られている物語がありますね。

昔、神様が『元旦に挨拶に来た12番目までの動物を順番に、一年間その年のリーダーにしよう』というお触れを出します。

牛は自分が歩くのが遅いことを知っていたので、誰よりも早く、前の晩のまだ暗いうちに出発します。

しかし、牛の背中に乗ってやってきたねずみが神様の御殿の門が開いたとたんに飛び降り1番に。

残念ながら牛は2番となり、干支の順番は2番目になりました。

黙々と目前にある自分の仕事をこなすこと

 

十二支の動物の中で最も動きが緩慢で歩みの遅い丑(牛)の年は、『先を急がず、一歩一歩着実に物事を進めることが大切な年』と言われています。

十二支の2番目の干支であることから、子年に蒔いた種が芽を出して成長する時期とされ、まだ結果を求める時期ではなく、結果につながる道をコツコツと作っていく基礎を積み上げていく時期とされます。

丑(牛)の年は、『黙々と目の前の自分の仕事をこなすことが将来の成功につながる』と考えるとよいようです。

丑年は『我慢(耐える)』や『発展の前振れ(芽が出る)』を表す年になると言われています。新型コロナウイルスの蔓延で、まだまだ耐え忍ぶ年になるかもしれませんが、地道に突き進むことで新たな発展へと繋げる年にしていきたいですね 。

社長のひとりごと

 

と言うような物語でした。

ここから感じ取れる部分として、要領や調子のいい人はいくらでも居ます。しかしコツコツと自分で作った道は、何事にも代えがたい実績・体験として残ります。

自分の立ち位置をしっかりと見据え、『当たり前のことを当たり前にできるように』地に足をつけて進んでいきたいと思います。

2021年新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年は世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、皆様の家庭に於いては生活様式が、職場に於いては働き方や仕事のあり方が激変した1年でした。

年が明けても、なかなか終息の兆しが見えない中、今年も引き続き社会変化への対応を求められる年になりそうです。

そのような中でも、社会の変化に柔軟に対応し、生活に不可欠な電気・水を通じて『地域のお役に立ち、社会に貢献すること』が私たちに課せられた使命であり企業の存在意義だと考えます。

2021年も引き続き「当たり前のことを当たり前にできるように」「いい塩梅がいい会社」を掲げ、理想の企業像へのアプローチを全員参加で考え行動していきます。

新しい年も、我が社にとって良い年であり、また、皆さんにとっても素晴らしい年でありますよう祈念して、私からの年頭の挨拶とさせて頂きます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

西森電気株式会社

代表取締役社長 西森祐一