高岡で電気のことなら-電気工事のアレコレ-

投稿日: コメントするカテゴリー: その他

一言で電気工事の会社といっても、富山県内、高岡市内においてもたくさんあります。それでは工事の依頼はどこに頼むのがいいのか?西森電気が対応可能な電気工事の種類と共にご紹介します。

以前も書きましたが、電気工事を行う上では必要な資格があります。

建築電気工事

一番わかりやすい工事だと、建築物の電気工事があります。建築電気工事の種類は次の通りです。

◎屋内配線工事

新築住宅から、ビル、工場などの大きな建物まで様々な建築物の屋内配線工事を行います。配線工事は、電源からケーブルを屋内に張り巡らせます。そこから各コンセントやスイッチ、照明器具などに電気を供給します。電気が必要なそれぞれの器具に電気ケーブルを繋ぎます。

企業や、ビル、工場、倉庫などの大きな建物の場合、設計から工事、管理までを一括して請け負うことが多く、責任者(管理者・現場監督)の指示で工事を進めていきます。

◎高圧受電設備

電気は発電所で作られ各地の変電所を経由して利用する私たちのもとへ届きます。

一般家庭や小規模事業所は『低圧受電契約』に基づき電力会社が管理している変圧器を通して電気が引き込まれます。電柱の灰色のボックスのようなものがそれにあたります。

一方、多くの電気を必要とする工場や大型商業施設、病院、オフィスビル、ホテル、店舗などの施設においては、『高圧受電契約』に基づき、キュービクル(上の写真)と呼ばれる、小規模な変電を行っている受電設備を通して電気が引き込まれます。

◎エアコン工事

エアコンの取付、取り外し、クリーニングといったエアコン工事も取り扱っています。一般住宅の場合、最近は町の家電量販店でエアコンを購入し、お店の下請け電気工事屋さんが家に来てエアコンの取付けも行うことが多くなりました。

オフィスや工場、倉庫、店舗など業務用のエアコンの場合は、ただ取り付ければいいという問題でもありません。電気コストの削減や省エネ等、あらゆる効果を重視します。お客さんのニーズに合わせて、幅広い工事ができて、最適な製品を提供する必要があります。

◎ビル設備工事

ビルなどの複合施設の場合は、電気設備、給排水設備、空調設備、ボイラー、自動ドアやエレベーターといった、かなり多様な工事、管理が必要です。

こういった大きな仕事は電気工事の資格だけではなく、ボイラー技士、消防設備士などの資格も必要となるため、それなりの会社でなければ対応ができません。

選ばれる理由は、『いい塩梅』だから・・・

世の中では電気工事は電気工事会社が、配管工事は配管工事会社が行っています。両方を行っている会社は少なく、一つの工事を複数の会社が請け負う事で、業種間で連携しなければならない工事が複雑化し、余計な手間や負担、コストがかかっています。

仕事をする中で最近よく思う事は、自社の職種の仕事しか考えない会社が多いという事です。工事内容を一つ変更するだけでも、それにまつわる様々な職種の方々の工事内容も変化することがあり、他業種の事も考えての提案や変更に伴う他業種への連絡などが必要です。よって、他業種の仕事も多少理解していないと、そのような提案や連絡ができないという事です。

弊社はまだまだ発展途上の会社でありますが、ワンストップで仕事ができるように、そのような事にも対応できる人づくりを経営理念の一つにも掲げており日々努力を積み重ねております。

西森電気の最大の強みは、『いい塩梅であること』です。何がいい塩梅かというと、会社の規模や社員数、全てにおいてちょうどいい訳です。また、高岡でもトップクラスの電気工事の設計・施工を行う会社でありながら、配管工事も行えるハイブリッド企業です。

小さな工事から大きな工事までまんべんなく行えます。大手企業にはできない臨機応変な対応、小さな会社にはできない大きな工事の施工・管理も対応可能です。安心・安全でありながら、施工価格も『いい塩梅』という事ですね。